熊本県農業共済組合|NOSAI|農作物共済|家畜共済|果樹共済|畑作物共済|園芸施設共済|建物共済|農機具損害共済|農業共済新聞

qrcode.png
http://www.nosai-kumamoto.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
057319
熊本県農業共済組合
〒861-4214
熊本県熊本市南区城南町舞原451-6
TEL.0964-25-3200
FAX.0964-25-3232
NOSAI君
 

家畜共済

 

NOSAI事業についてのQ&A(家畜共済)

NOSAI事業についてのQ&A(家畜共済)
 
新規加入及び継続加入(継続開始後2週間以内に共済掛金等が入らない場合)の共済事故(支払対象の事故)は何時から見られますか?
加入者及び組合の双方が善意無過失であっても、又、如何に周到な引受検査を行っても、尚、共済事故(支払対象の事故)の原因が、どの時点で発生したのか(共済責任開始前或いは開始後)立証が困難な場合があります。(待期間の意義)
待期間とは:共済責任の始まった日(事故の選択を拡大した日、共済金額が増額された日)から2週間となっています。
2週間とは:一般病傷の経過日数、伝染病の潜伏期間等を考慮したものです。
 
同一家畜をAとBの2人の農家が共有し、Aが飼養する場合、家畜はA とBのどちらの包括共済関係に付されますか?
家畜を飼養する者の包括共済関係に付されることとされているので、Aの共済関係に付されます。
 
出荷目的で市場に行ったが、出荷せずに引続き飼養する家畜は評価額を上げられないのですか?
家畜を出荷した時その家畜は「飼養しなくなった家畜」に該当するため、家畜を車両に乗せた時に包括共済関係から除外されることとなる。しかし、市場等で出荷せずに引き返して来た時は引続き飼養することとなり、「飼養しなくなった家畜」には該当しないため、包括共済関係に付され続けることとにり、引受当時の家畜の評価額をそのまま引継ぎ、引受期間内の評価額は上げられません。
 
共済掛金を分納している者が、その完納前に全頭を死廃事故で失った場合、分納の残額は納入しなければならないか?
このような場合でも共済掛金納入の義務は依然として変らないので、事故後に残った残金の全額を納入して頂くことになります。
<<熊本県農業共済組合>> 〒861-4214 熊本県熊本市南区城南町舞原451-6 TEL:0964-25-3200 FAX:0964-25-3232