熊本県農業共済組合|NOSAI|農作物共済|家畜共済|果樹共済|畑作物共済|園芸施設共済|建物共済|農機具損害共済|農業共済新聞

qrcode.png
http://www.nosai-kumamoto.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
029426
熊本県農業共済組合
〒861-4214
熊本県熊本市南区城南町舞原451-6
TEL.0964-25-3200
FAX.0964-25-3232
NOSAI君
 

園芸施設共済

   
加入対象となるのは
農作物を栽培するハウス(プラスチックハウス2アール以上、ガラス室は1アール以上)を所有する農家が加入できます。又、水稲育苗ハウスも加入できます。
 
加入方式は
 所有または管理している施設は全棟加入となります
 ※1年間は加入方式の変更が出来ません
 
 加入に際しては、特定園芸施設は必ず加入していただき、オプションとして、以下の施設内農作物、附帯施設、撤去費用、復旧費用を付加できます。
 
 
施設内農作物
 
附帯施設
 
撤去費用
 
復旧費用
 
  施設内農作物 ハウス内で栽培する農作物(果菜・花卉・葉菜)
  附帯施設 換気扇施設・冷暖房施設・カーテン施設・かん水施設など
  撤去費用 倒壊した施設の撤去に要した費用(施設本体・附帯施設)
  復旧費用 被害を受けた部分の復旧に要した費用(施設本体・附帯施設)
   
(注)施設内農産物の加入は次の2通りの加入を選択できます。
  〇自然災害と病虫害を対象。
  〇自然災害のみ(病虫害事故除外)を対象。
 

加入できる施設内農作物

加入できる施設内農作物
 
※定植期よりビニール・ネット等の被覆がある農産物に限ります。
   
責任(補償)期間
責任開始は、被覆される月の2日(10日・20日)から1年間です。
被覆開始に合わせた加入をお願いします。
 
被覆期間が周年でない場合、または次作に圃場が替わる場合は、短期加入もできます。
ただし、秋作・春作を栽培される農家については、秋作または、春作だけの加入はできません。
 
共済価額と共済金額(補償額)
 
 
共済価額は1棟ごとに算定されます。
 

共済掛金

共済掛金
 
掛金は、共済金額・施設の型式・加入方式(施設内農作物を加入する場合はその農作物)により異なります。
〇一部施設の型式において、組合員等別危険段階方式を実施しています。
〇復旧費用の掛金については、全額農家負担になります。
 
農家負担掛金は課税対象取得額から控除されます。
   
対象となる災害
 
 
施設内農作物に加入の場合は、病害虫、鳥獣害も対象となります。ただし「病虫害事故除外方式」を選択した場合は、病虫害による被害は対象となりません。
 

施設内農作物の分割評価

施設内農作物の分割評価
 
施設内農作物は、病虫害の被害に対して防除の難易度により30%~70%分割評価をしています。
また、過去の病虫害の発生回数や管理不足等によっては、分割割合がプラスされ、その割合が100%となって、共済金の支払いができない場合があります。
 

共済金の支払いは以下のようになります。

共済金の支払いは以下のようになります。
 

こんな時は共済金が支払われません

こんな時は共済金が支払われません
 
①生理障害(黄化葉症、着花不良、裂果、発酵果、変形果等)、連作障害、薬害、高低温障害、凍霜害、寒害、要素欠乏、過剰症
②故意または、重大な過失によって生じた損害
③盗難または、いたずらによる損害
④損害額が3万円または、共済価額の1割に満たない僅少な損害
⑤農作物収穫後、管理されていないビニール・本体の損害
⑥自然消耗等によって生じた損害
⑦被害の状況が確認できない場合
⑧内作物のアオムシ・アブラムシによる損害
 

被害が発生した場合は、すぐNOSAIへご連絡ください

被害が発生した場合は、すぐNOSAIへご連絡ください
 
被害発生の通知がない場合や、遅れた場合には共済金の一部または全部について支払いができない場合があります。
※被害確認が済む前にビニールやパイプを取り替えた場合、被害の確認ができるように被害ビニール・パイプは、必ず圃場に残しておいてください。
 
<<熊本県農業共済組合>> 〒861-4214 熊本県熊本市南区城南町舞原451-6 TEL:0964-25-3200 FAX:0964-25-3232