熊本県農業共済組合|NOSAI|農作物共済|家畜共済|果樹共済|畑作物共済|園芸施設共済|建物共済|農機具損害共済|農業共済新聞

qrcode.png
http://www.nosai-kumamoto.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
060555
熊本県農業共済組合
〒861-4214
熊本県熊本市南区城南町舞原451-6
TEL.0964-25-3200
FAX.0964-25-3232
NOSAI君
 

家畜共済

 

加入できる家畜の種類と月齢及び加入方式

加入できる家畜の種類と月齢及び加入方式
 
加 入 方 式
死亡廃用共済疾病傷害共済個別共済特定肉豚
群単位肉豚






満24月齢以上の乳牛の雌(搾乳用) 搾乳牛 乳用牛
満24月齢未満の乳牛の雌育成乳牛
牛の胎児(乳牛)
満24月齢以上の肉用牛の雌(繁殖用)繁殖用雌牛肉用牛
搾乳牛・繁殖用雌牛・育成乳牛・種雄牛以外の牛育成・肥育牛
牛の胎児(乳牛でない牛)
満36月齢以上の馬の雌(繁殖用)繁殖用雌馬一般馬
明け2歳以上の繁殖用雌馬・種雄馬以外の馬育成・肥育馬
種豚種豚種豚
種雄牛種雄牛
種雄馬 種雄馬
肉豚 肉豚
   
加入方法
●加入は上記の加入方式より選択、組合に加入の申込みをし、組合が承諾することにより加入することができます。
●加入方式は家畜の種類により上記の方式があります。
 また、死亡廃用共済において育成乳牛、育成・肥育牛について、胎児の補償を含めたい場合は子牛選択ありを選択する必要
 があります。
 

補償内容

補償内容
 
●家畜の共済価額(評価額)に対して、共済金額(補償額)を設定できます。共済価額に対する共済金額の割合を付保割合と
 いいます。付保割合は、20~80%の範囲で選択できます。(肉豚は、40~80%)
 
死亡廃用共済に加入される農家は、事故除外方式を選択できます。補償内容は対象家畜により異なります。
 
補償期間
掛金を払込んだ日の翌日から1年間で、1年ごとに継続加入の手続きが必要です。
肉豚は出生後第20日(またはそれ以降で離乳した日)以降です。ただし、群単位方式は、生後第8月の末日までとなります。
 

損害発生の通知と損害評価

損害発生の通知と損害評価
 
共済事故が発生したとき、および共済金の支払いを受けるべき損害があると認められるときは、遅滞なくNOSAI各支所(獣医師を含む)に通知し、認定業務または治療を受ける必要があります。
 
共済金の支払い
次のような場合に共済金が支払われます。
①家畜が死亡したとき
②ケガや疾病に罹患し、獣医師の治療を受けたとき
③獣医師が間もなく死亡すると診断したとき、または治療して治らないと判断したとき
④法定感染病に罹患したときや、谷・井戸に落ち救い出せないとき
 
共済金の支払い例
《家畜の評価額300,000円、付保割合80%での加入の場合》
 
〈死亡の場合〉
      共済金   =  家畜の評価額  ×  付保割合   
 ( 240,000 =     300,000   ×   80%    )
 
〈疾病の場合〉
 獣医師による診療が行われた場合に、診療内容に応じて給付基準の範囲内において、共済金が支払われます。
 

共済金支払いの免責事項

共済金支払いの免責事項
 
以下のような場合、共済金が支払われなかったり、あるいは減額されます。
①掛金分納の2回目以降の掛金を納めなかったとき
②悪意もしくは重大な過失があったとき
③加入時に既に病気にかかっていたり、加入して2週間以内に死亡したり、病気になったとき
 
 
詳細については最寄りのNOSAI熊本 各支所へお尋ねください。
 
 
<<熊本県農業共済組合>> 〒861-4214 熊本県熊本市南区城南町舞原451-6 TEL:0964-25-3200 FAX:0964-25-3232